神明社(富山市石坂の氏神神社)

ご祭神

天照皇大神あまてらすおおみかみ

豊受大神とようけのおおかみ

岐神くなどのかみ

歴史・由緒

往古神通川は、現今の石坂・田刈屋の西方を流れ、山岸村東方に至ったと思われる。
対岸、安養坊、北代方面から舟(五艘の渡舟往来することにより五艘村と名付けられる)を降りると石の坂がああって当地にいたり、地名にも名付けられた。
一方、真東に向う往還四ッ屋、宮尾、八幡、草島、石瀬道筋があり、石坂地内の所々に、くなどの神の石像が10体あった。
後、本社に安置されたが、現在一体を残すだけとなった。
神明社勧請年号由緒不詳。(旧社格 村社)

神社名

神明社(富山市石坂にお住まいの方の氏神さま・産土神社)

鎮座地

富山市石坂1104

例祭

春祭 4月10日
秋祭 9月10日

宮司

嵯峨芳樹

お問い合わせ先

076-435-0843(越中護国八幡宮 社務所)

神明社(富山市石坂の氏神神社)02
神明社(富山市石坂の氏神神社)03
神明社(富山市石坂の氏神神社)04
神明社(富山市石坂の氏神神社)04
神明社(富山市石坂の氏神神社)05
神明社(富山市石坂の氏神神社)06

令和3年秋祭り

PAGE TOP