江文社(富山市四方北窪の氏神神社)

ご祭神

国狭槌尊くにさつちのみこと

天照大御神あまてらすおおみかみ

北野大神

歴史・由緒

御祭神の「国狭槌尊くにさつちのみこと」は、『日本書紀』における天地開闢てんちかいびゃく(世界が初めて生まれたときのこと)の際に出現された神で、造化三神の第二神(2番目に出現された神)である。富山県内でも国狭槌尊をお祀りする神社は大変珍しく、富山市では四方北窪のほか、田刈屋の江文社に鎮座している。

「姿なきごうあやとなさん」と、当時窪地であったこの地の開墾を乞祈奉り、国狭槌尊の土地をつかさどる御神徳の故をもって勧請された。
享保9年甲辰3月8日、神明社、北野社を合祀し、天照皇大神・北野大神を併せ祀る。(旧社格 村社)

神社名

江文社(江紋神社)(富山市四方北窪にお住まいの方の氏神さま・産土神社)

鎮座地

富山市四方北窪2552

例祭

春祭 4月22日
秋祭 8月27日

宮司

嵯峨芳樹

江文社(富山市四方北窪の氏神神社)02
江文社(富山市四方北窪の氏神神社)03
PAGE TOP